生理日の移動

生理日(月経日)はコントロールできます

日常生活を快適に過ごすために、どうしても生理を避けたいときってありますよね。
たとえば、旅行・スポーツ・結婚式などのときに生理が重なってしまうと非常に煩わしいものです。
そんなときはピルを飲むことで生理の日を移動させることができるのです。
ほとんどの場合、生理を1週間ほど遅らせることは簡単に行えます。
また、予定がわかっている場合は早めに来院してもらうことで生理を早めることも可能です。

生理を早める方法

生理を早める方法

生理が始まってから5日目までの間にピルを飲み始めます。
そして早めたい日まで飲み続けます。飲み終えてから2~3日でいつもより少ない量の生理がきます。
この方法では、生理を避けたい日にピルを飲む必要がありません。そのかわり早めに飲み始める必要があります。ずらしたい生理のひとつ前の生理が来る前にご来院くださいね。

この方法には低用量ピルを使用することもできます。この場合、通常使用する中用量ピルに比べてホルモン量が少なく、服用開始時の吐き気や頭痛などの症状が出にくいと思われます。

生理を遅らせる方法

生理を遅らせる方法

生理が来そうな日のおよそ5日前から飲み始め、生理をさけたい日まで1日1錠飲みます。
ピルを飲んでいる間は生理がきません。そして、飲み終えてから2~3日で生理が来ます。移動させることができるのは長くても10日間程度です。
生理日を変えてしまったからといって、その後の生理周期まで狂ってしまうものではありません。変更した生理日から1ヵ月後にちゃんと生理はやってきます。

当院での月経の移動について

上記の方法以外にもいろいろな方法があり、使用する薬剤もあなたの状態・体質によって考慮しています。(詳しくはスタッフとご相談くださいね)
月経日の移動に関しては健康保険を適応してはいけないことになっています。そのため自費診療としていただいております。

1回につき、4,500円(カウンセリング+お薬代、税抜)

よくあるご質問

■ 他院では保険で処方してくれたのに!どうして保険で処方してくれないのですか?

月経日の移動に関しては健康保険を適応してはいけないことになっています。
仮に保険適応とされている施設がありましたら不正請求ということになります。
当院では偽装、不正請求などを一切行っておりません。
不正請求となれば患者様にも不利益、ご迷惑が掛かりかねませんので、ご了解くださいますようお願いいたします。