婦人科外来

婦人科外来の流れ

問診表の記入

1. 問診表の記入

生理の周期、日数、セックス経験の有無などいくつか質問項目があります。
症状に関しては、項目に分けてチェックしやすいように書いてあります。
問診表は診察に欠かせない貴重なものです。
少しでも気になる事があれば遠慮せずに書き込んでください。
わからないことがあれば受付にご相談下さい。

※問診表はホームページからダウンロードできるので、事前に落ち着いて記入しておくと待ち時間も短縮できます。

問診表のダウンロードはこちら

女性スタッフによる問診チェック

2. 女性スタッフによる問診チェック

女性スタッフが気になる症状や、検査したいところなどをヒアリングします。
初診の緊張を解きほぐすとともに、男性医師には言いにくいことを相談出来たり、スタッフが医師に伝えるべき項目を整理します。
不安なことがあれば、スタッフが可能な範囲であらかじめ説明しますので内診を受ける心の準備ができます。
心斎橋ではプライマリー制度を導入しているので、問診表をチェックした女性スタッフが診察室へご案内→医師へ症状の説明→内診介助→診察後の服薬指導まで一貫してその患者様を担当いたしますので、安心して検査を受けて頂けますよ。

医師との面談

3. 医師との面談

診察室で医師と面談し、問診表と女性スタッフからの申し送りから必要検査項目を決定します。必要な検査項目が決定したら、それがどんな検査なのか、なぜ必要なのか医師が説明します。ちなみに、通常の診察でよく行われる検査には以下のようなものがあります。

 

  • 子宮頸部からの細胞診(子宮頸がん検査)
  • おりものの細菌培養検査
  • クラミジア、淋菌の検査
  • 超音波検査
  • 血液検査
内診・検査の準備

4. 内診・検査の準備

診察着に着替えて内診台へご案内します。
パンツやミニスカートなどで訪れても、当院では診察着を準備していますので、服装や汚れを気にしなくても大丈夫です。
内診台へ座るときに「タオルをうしろにめくってお座りください」などと女性スタッフが診察の体勢について説明します。

内診台が上がった時も露出部分が少なるように、大きいタオルを足元にかけるよう、配慮しています。

5. 子宮頸部の分泌物を採収・顕微鏡でチェック

まずはクスコを使用し、子宮の入口をチェック。次に綿棒のような器具で腟内と頸管内のオリモノを採取し、顕微鏡で性感染症の原因となるカビや細菌の有無を調べます。
細胞診は子宮表面の細胞を採取。当院ではサーバリクスブラシを使い、極めて精度の高い検査を行っています。痛みも無くあっと言う間に終了することが多いですよ。

6. 内診(子宮や卵巣周辺の状況をしらべます)

腟内に指を入れて、同時にもう片手でお腹側も軽く押さえて、腹膜の柔らかさを診ていきます。身体の力を上手に抜くのがコツ。どうしても抵抗のある人は、事前に申し出てくださいね。

7. 超音波検査

「プローブ」と呼ばれる棒状の器具を腟内へ挿入して、子宮や卵巣の大きさ、形、位置、癒着の有無などを超音波(エコー)で調べます。痛みも少なく、医師と一緒に画像をみながら説明してもらえるので、自分の体の理解度もあがりますよ。

8. 診断報告

検査が終了し、着替えが終われば、診察室へ戻り、診断結果を医師から報告します。ここで実際の悩みの考えられる原因を説明します。
検査結果が後日になる場合は、次回の診察日を決めますので、その時に来院し説明をうけます。もし、なにか病気が見つかった場合は今後の治療方針などを相談できます。

9. 女性スタッフから処方薬の服用・使用方法など説明

診察後に処方薬などがあれば、女性スタッフがわかりやすく説明します。この時に、医師の説明で分かりにくかったことや言い忘れた時などないか確認してくれます。
自宅に帰って、診察は受けたけど、先生の説明がわからなかった。聞き忘れたことがあった。などと後悔することがないので安心です。

会計

10.会計