診療時間

 
11時~14時
土日11時~16時









15時半~19時半



× ×
担当医は急遽変更することがあります。
  最新情報はコチラをご確認ください。
□休診日:毎週火曜、第二水曜、祝祭日
初めての方、現在通院中以外の方は診察時間の30分前までにご来院ください

  • 茶屋町レディースクリニック心斎橋インターネット無料相談
  • 茶屋町レディースクリニック心斎橋簡易検査結果
  • 本町の女医による女性のための産婦人科・女性内科
  • 梅田の子宮がん検診、ホルモン療法、更年期外来
  • 本町,北浜、堺筋本町で乳がん検査・健診のことなら
  • Le Style|ピルとうまく付き合い毎日を楽しく過ごすためのピル専門ポータルサイト

ホルモン補充療法(HRT)について

女性の場合、閉経が近くなると卵巣の働きが低下し、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に低下します。この変化があまりに急峻なため、身体がその変化に十分についていけなくなると、自律神経失調症状といった様々な症状(たとえば冷えやのぼせ、発汗、不眠、頭痛など)があらわれることがあります。この症状がひどくなると、日常生活や社会生活の上でも支障をきたすことがあり、これが更年期障害のひとつの大きな原因になっています。

ホルモン補充療法というのは、この急激なエストロゲンの減少に対して、必要最小限のホルモンを補充してやることで、その変化の幅をゆるやかなものにしてやり、スムーズに閉経したあとのホルモン環境に身体を適合させていく手助けをしてあげる治療方法です。

ホルモン補充というと、自然の流れに反する方法のように思われ、抵抗のある方もおられますが、崖からまっさかさまに落ちていくようなホルモンの変化に対して、クッションをさしだしてゆるやかに着地させていくような方法だと想像していただくとその治療本来の意味も理解しやすいかと思います。ちなみに、欧米の女性は約半数のかたがこの治療をうけておられますが、日本ではまだあまり普及していません。更年期のすべての女性の方がホルモン補充療法をうけなければならないというものではありませんが、更年期障害に悩まれている方には、ぜひ一度、考えていただきたい治療法だと思います。

ホルモン補充療法は具体的にどのような治療方法ですか?

この治療方法の目的は、急激に減少するエストロゲンを必要最小限に補充することです。
しかし、エストロゲンだけを補充すると、子宮からの出血や乳房のはりなどの副作用を伴うことが多いため、それを防ぐために黄体ホルモン(プロゲステロン)という、もう一種類の卵巣ホルモンを併用して実施していきます。この2種類のホルモンを補充していくのが基本的な方法ですが、どのように組み合わせて使用していくのかはその方の年齢や閉経の有無、子宮の有無などによっていくつかの種類にわかれています。

また、エストロゲン製剤も飲み薬以外に、皮膚に貼って使用する薬(パッチ剤)や、化粧品のようにおなかに塗って使用するゲル剤など、バリエーションに富んだものとなっています。当クリニックではホルモン専門クリニックとして、すべてのタイプの製剤を取り扱っております。自分の身体にあった、一番使いやすい方法を医師と相談して、納得のうえできめていただくのが大切だと考えています。

ホルモン補充療法とピルとの違いは?

低用量ピルも、生理不順や生理痛のひどい方、生理前のイライラなどの月経前症候群の治療を目的に服用されておられる方も多数おられます。ピルもエストロゲンとプロゲステロンを含んだ混合ホルモン剤ですので、基本的にはホルモン補充の目的で使用することも可能です。しかし、ピルに含まれているエストロゲンの強度は、ホルモン補充療法で使用するものの4倍以上もあります。このため閉経後も長期間ピルを継続使用すると、後述のような乳がん、血栓症などのリスクが増えてしまいます。
ピルを服用されている方のホルモン補充療法への切り替えのタイミングには、まだ確立された考えはありませんが、閉経年齢(日本の場合、今は50歳前後とされています)が近付けば、ピルの休薬1週間目でホルモン値の検査を行い、閉経が近いかどうかを評価し、それを参考にして相談しながら変更を考えるのがいいかと思われます。

ホルモン補充療法の効果

この治療法の目的からおわかりになるように、女性ホルモン(エストロゲン)の急激な低下にともない発症する自律神経失調症状には効果が期待できます。とくに、冷えやのぼせ、発汗、動悸、息切れといった血管運動神経症状は治療開始とともに速やかに改善することが多く、またアンチエージング効果として、皮膚や粘膜の委縮や乾燥による皮膚のかゆみ、膀胱炎様の症状、おりものの異常なども日を追って軽快していくことが実感されます。

それ以外に、特記すべき効果としては、骨塩量の減少を予防し、骨粗鬆症の発症を予防する効果、コレステロール値の上昇を予防する効果、さらにはアルツハイマー病を予防する効果があるなどの報告もみられています。
治療効果は、治療開始後、数日あたりから実感として感じられることが多いと思われます。もっとも、この治療法は更年期障害に対する万能の治療法ではありません。あくまでホルモンを補充するだけの方法ですので、エストロゲンの低下に起因する症状以外のものには効果は期待できませんので、たとえば心因性の原因が主体の症状(不眠、いらいらなど)では、心療内科的な治療や漢方療法などを併用していく必要もあります。

ホルモン補充療法をうけられない人

ホルモン治療により悪化するような病気をもった人には、原則的にホルモン補充療法は行えません。
具体的には、乳がん、子宮がん(子宮体がん)の方、血栓症の治療薬を処方されている方には、実施できません。
また、糖尿病の方で、血糖降下剤を服用されている場合は、血糖降下作用を弱める働きがあるため、注意が必要です(ちなみに、それ以外の薬との併用は問題ありません)。

ホルモン補充療法のマイナートラブル

ホルモン治療を行うことにより、ホルモンの影響のもとに動いている臓器には変化がみられます。
これには良い変化だけでなく、ちょっと困った変化が現れる場合もあります。たとえば、ちょっとした性器出血がみられたり、乳房にはりがでたり、むくみがでたりする場合もあります。
これらのマイナートラブルは、使用量を調整したりすることで多くは解決することが可能です。悩まずに早めにご相談されることをお勧めします。

がんとの関連

ホルモン補充療法をうけるにあたって、よく心配される問題点はこのがんとの関連という点ではないでしょうか。ことにホルモンの影響で増殖する子宮内膜や乳腺細胞由来のがんについては、がん化を助長するのではないかとの懸念が以前から出されており、多数の研究報告がなされてきております。

その結果、最近の子宮体がんとの関連を調べた多数の報告では、黄体ホルモン剤を併用することにより、がん発症のリスクは増加することがないことが実証されてきています。しかし、乳がんとの関連をみた場合、確かにエストロゲンとプロゲステロン併用療法を5年以上の長期に実施した場合、非常にわずかですが乳がんの発症率が上昇するという報告がみられています。しかし、乳がんによる死亡率をみた場合、ホルモン補充療法を行った群のほうがむしろ死亡率は低いとの報告があり、ホルモン補充療法により潜在的な乳がんが発見しやすくなり、またその予後自体も改善されている可能性があるとの意見も出されています。

ホルモン補充療法をうける、うけないにかかわらず定期的な乳がん検診は必要ですし、きっちり検診をうけていればホルモン補充療法をむやみに怖がる必要はないというのが一番妥当な考え方ではないでしょうか。

ホルモン補充療法の費用は連

更年期障害の治療を目的に実施していくホルモン補充療法は、健康保険がききます。
費用はもちろん高額なものではありません。安心して受診をしてください。

さいごに

更年期障害は、その年齢にさしかかった人にはとてもつらい病気です。しかし、治療のできないものでは決してありません。
ひとりで悩まず、早めに相談にいらしてください。ホルモン補充療法は決して自然に反する怖い治療法ではありません。更年期障害を治すだけでなく、骨粗鬆症など、閉経後の生活の質を変えてしまうような病気を予防する効果もあります。更年期障害をうまく乗り越えて、快適な生活を取り戻していかれることを願っております。

トップに戻る

  • 本町の女医による女性のための産婦人科・女性内科
  • 本町,北浜、堺筋本町で乳がん検査・健診のことなら
  • Le Style|ピルとうまく付き合い毎日を楽しく過ごすためのピル専門ポータルサイト
Copyright © 2011-2015 Chayamachi ladies Clinic All Rights Reserved.