オリモノの異常

おりものとは「帯下」とも言い、腟や子宮からの分泌物が腟外に流れ出してくるものの総称です。
プレッシャーを感じたときや病気のとき、抗生物質を服用しているときなどには、分泌量が増えることもありますが、これらは正常なおりものなので心配ありません。また、排卵期に卵の白身のような状態になって増加するのも、体が妊娠しやすい状態になっている証拠で、ごく当たり前の生理現象です。月経前や妊娠中もおりものの量が増えますが、病気ではありません。

正常なおりものの色は、個人差はありますが、透明に近いか白っぽい色。下着などに付いて乾くと薄黄色に変色します。臭いは微かに甘酸っぱさがあることも。この臭いの元はデーデルライン桿菌という善玉の乳酸菌です。おりものの量は心身の状態によって増減しますが、正常な状態では卵白のようにツーッと伸びて、ポタッと落ちます。
おりものは腟の中を酸性にして適度に潤すことで、腟からの外敵の侵入を阻んだり、性交渉の準備をしたり、妊娠しやすい状態を作ったりする大切なもの。これを腟の自浄作用と呼んでいます。

白色

おりものが酒粕状、クリーム状、チーズ状、豆腐のカスのようにぼろぼろとしている場合は、カンジダ腟炎、頚管炎などが疑われます。カンジダ腟炎の場合には、腟内部や外陰部にかゆみを伴うことがあります。おりものの量が増え、発熱や下腹部痛を伴う場合には、子宮内膜炎や卵管炎の疑いがあります。

膿性黄白色・黄色・緑色

白血球や細菌が多く混入しているために、膿性黄白色・黄色・緑色になります。腐ったような悪臭を伴う黄色っぽいおりものが増え、外陰部が痒い時にはトリコモナス腟炎の疑いがあります。これはトリコモナス原虫という寄生虫の一種によるもので、多くは性交で感染します。症状が進むと緑色っぽくなったり、泡が混じったりし、痛みを伴うようになります。黄色で、おりものの量が増え、発熱や下腹部痛を伴う場合には、子宮内膜炎や卵管炎の疑いがあります。緑色をしていて、下腹部に痛みがある場合には、クラミジア感染症の可能性があります。これは性感染症のひとつで、初期にはほとんど自覚症状がありませんので注意しましょう。

茶褐色

茶褐色や赤っぽい場合には、おりものに血が混じっている可能性があります。悪臭がする、増加したなどの症状が重なっている場合には、子宮頸部がん、子宮体部がんなども疑われます。また、老人性腟炎の場合にもおりものに血液が混じることがあります。

これら以外に

タンポンを入れたまま取り出すのを忘れたり、性交渉の際、コンドームが腟の中に残ったまま放置したりすると、悪臭を伴った茶褐色や黄色のおりものがみられますので注意しましょう。

※おりものの状態には個人差があります。ここには日頃から注意するためのひとつの目安として、代表的な症状と病名を示しました。「おりものがいつもと違う」と感じたら、自己判断せず早めに受診しましょう。

おりものの変化は、病気を疑うことだけではなく、健康のバロメーターとしての役目でもあるのです。
水っぽくて白い、さらさらしていて量が多いといった場合は、胃腸が弱り、体がむくんでいる結果です。おりものに透明感がなく、足腰がだるい時は、腎臓が弱っている証拠。黄色でねばねばとしていて、臭いやかゆみがあるのは、免疫力が弱り雑菌が増殖しているから。赤っぽく、若干臭うのはストレス。水気がなく、量が極端に少ないときは、体内の水分量が足りないせい、などなど。
しかし、おりものが気になるからと言って、腟内をビデなどで頻回に洗浄し過ぎてはいけません。腟の中を守っている大切なデーデルライン桿菌まで洗い流してしまい、かえって雑菌の繁殖を促す結果となってしまい、炎症や病気を招いてしまうからです。日頃から、入浴時などに腟を清潔に保ち、おりものの状態をチェックするのは大切ですが、洗い過ぎて逆効果になってしまった!?ということがないようにしてくださいね。