診療時間

 
11時~14時
土日11時~16時









15時半~19時半



× ×
担当医は急遽変更することがあります。
  最新情報はコチラをご確認ください。
□休診日:毎週火曜、第二水曜、祝祭日
初めての方、1年以上来院されていない方は診察時間終了の30分前までにご来院ください

  • 茶屋町レディースクリニック心斎橋インターネット無料相談
  • 茶屋町レディースクリニック心斎橋簡易検査結果
  • 本町の女医による女性のための産婦人科・女性内科
  • 梅田の子宮がん検診、ホルモン療法、更年期外来
  • 本町,北浜、堺筋本町で乳がん検査・健診のことなら
  • Le Style|ピルとうまく付き合い毎日を楽しく過ごすためのピル専門ポータルサイト

乳がん検診は乳腺専門医へ

30人に1人が乳がんと診断されます。

当然、早期発見が最も重要です。
《 現在、当院では乳がんの検診は行っておりません。》

乳がんの検査は、乳腺専門のクリニックでの検診をお薦めします。

20代は超音波による検診の方が精度が高く、40代になるとマンモグラフィーによる検診の方が精度が高くなります。30代は超音波、マンモグラフィーの双方の検査が必要になると考えられます。(触診のみは論外です)
超音波検査は通常、超音波技師とドクターとが分担して行いますが機械の精度と施行者の技術が影響します。日々の乳がん検査の経験が大切ですので、乳腺の専門医との密接な連携がある施設でなければ技術の向上は図れないと思われます。
マンモグラフィーも検査施設によって精度が大きく変わって来ます。精度委員会によってランクはされていますが、乳腺専門クリニックの方が信頼がおけると思われます。

マンモグラフィーで大切なことは精度の高い撮影機器、それを操作、維持する放射線技師、その精度を監視し、読影する乳腺の専門医です。

専門医は画像診断で異常があった場合、精密検査によって確定することができます。
つまり、日々、画像診断と実際の結果を照らしあわすことができ、より精度の高い画像診断ができるようになります(熟練していきます)
以上の理由で乳腺専門クリニックでの検診をお薦めします。

大阪市内でお薦めの乳腺専門施設

乳がん検診についてのアドバイス

  • 1年ないし1年半に一度は乳がん検診を受けてください。
  • 触診、乳房撮影、超音波の検査を同時に受けることがベストです。(優良な施設での検診でなければいけません)
  • 月に一度か二度お風呂で石けんをつけた手で反対側の乳房自己検診を両側行いましょう。
    (シコリ、痛み、皮膚の引きつれ、皮膚のクボミ、皮膚の発赤等)
  • 乳頭から異常な分泌物(自然にまたは少しつまんだ場合でも)に気づいたら検査を受けましょう。

以下の方々は乳がんに罹患(りかん)しやすいリスクがやや高いとお考えください

  • 親、姉妹、親戚に乳がんになった方がいる方
  • 初潮が早いか(小学生)または閉経が遅かった方
  • 未産婦、高齢出産、閉経後肥満した方
  • ホルモン補充療法を行っていた方(当院で行っているホルモン療法は乳がんの発生率を増やしません)
  • 過去に乳がんに罹ったことのある方
  • 良性乳腺疾患に罹ったことのある方
  • 運動不足になりがちだったり、酒量の多い方
  • 動物性脂肪の摂取が多く、逆に野菜摂取の少ない方

トップに戻る

  • 本町の女医による女性のための産婦人科・女性内科
  • 本町,北浜、堺筋本町で乳がん検査・健診のことなら
  • Le Style|ピルとうまく付き合い毎日を楽しく過ごすためのピル専門ポータルサイト
Copyright © 2011-2015 Chayamachi ladies Clinic All Rights Reserved.